BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 技能実習制度の区分と在留資格について知ろう

技能実習制度の区分と在留資格について知ろう

日本の産業の中には、人手不足に悩んでいる業界があります。

人手不足を解消してくれる方法の一つとして、海外から技能実習生を受け入れるものがあります。

技能実習生を受け入れるためには、技能実習制度の区分や在留資格について知っておく必要があるため、この記事で重要ポイントを整理しておきましょう。

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、外国人が日本の技術を学び、帰国後に母国でそれらの産業を発展させることが目的の制度です。母国では習得しにくい内容や発展途上の内容を学び、それを身に付けた人を作ります。

日本としては、ただ技術を教えるだけでなく人手不足の業界などの助けとなるメリットがあります。どちらにとってもwin winな関係が築ければ不満の生まれない制度です。

「企業単独型」といって海外の企業等から技能実習生を送り出してもらう制度と、「団体監理型」といって非営利活動法人などが技能実習生を受け入れ、その参加の企業に送り出す制度の2つがあります。

日本のほとんどの企業が取る手段は監理団体型です。

技能実習制度の区分

技能実習生は5年までしか日本にいられませんが、それぞれの期間は3つに分かれています。

区分は1年目、2、3年目、4、5年目が境界線です。それぞれで活動内容が異なるため、以下で見ていきましょう。

在留資格「技能実習1号イ・ロ」

入国後1年目に技術を習得するために必要な活動はここで行います。在留資格の技能実習2号、3号でも「イ」、「ロ」、とありますが、「イ」は企業単独型、「ロ」は団体監理型を指します。

2号、3号と異なるのは、対象職種に制限がないことです。1年目は自由度が高いことが特徴で、より高度な技能の専門性を磨く時期は2年目からとなります。座学の講習を2ヶ月受ける必要があり、この間は企業と雇用関係は成立していません。

在留資格「技能実習2号イ・ロ」

在留資格の技能実習1号から2号へ移行するためには、技能実習生が学科と実技の両方を含む所定の技能評価試験に合格している必要があります。

つまり、2号になれたということは試験の通過を意味するため、1号よりは技能習熟度が上がっていることが証明されているわけです。また、1号と異なり対象職種に制限が入ります。

特定技能ビザを取得する場合、技能実習2号の成績が良かった技能実習生は、そのビザ取得に必要な日本語試験と技能試験が免除されます。

在留資格「技能実習3号イ・ロ」

入国4、5年目には、最もレベルの高い技能実習3号の取得へ移行します。2号から3号への移行には、1号から2号へ移行した時のように技能評価試験に合格が必要です。

しかし、2号から3号への移行時には学科試験はなく、実技のみとなります。また、2号と同じく対象職種に制限が入ります。

第3号実技実習を行える日本の監理団体や企業も優秀なところに限られ、主務法令で定められた基準をクリアしているところのみが実施可能です。

実習実施者の役割

外国人技能実習生を受け入れる場合、受け入れ側である企業やそこに属する個人にも役割があります。

ここでは、技能実習生を教え導く実習実施者になるために必要な準備を確認しておきましょう。

養成講習受講の必要性

海外技能実習生を受け入れるためには、実習実施者は主務大臣が適当と判断した養成機能機関が実施する講習を受講しなければなりません。この講習は一度受けたら終了するわけではなく、3年ごとに受講をします。

受講は3年ごとにしておけば、優良な実習実施者と判断されるため損はありません。

技能実習計画の認定

実習実施者は、「技能実習計画」というものを作成し、これを海外技能実習機構から適切であると認定されなければいけません。技能実習計画に盛り込むべき内容は技能実習法に規定されています。

この技能実習計画は技能実習生の第1号、2号、3号の区分ごとに認定を受ける必要があるため、指導者側も技能実習生のレベルに応じてランクアップしていく必要があります。

まとめ

海外技能実習生は日本の技術を学んで母国へ持って帰りたい、日本の企業は人手不足を解消したい、この利害が一致した場合、外国人技能実習制度は良い効果を生み出します。

技能実習生は5年の日本での滞在期間の間に3つのレベルアップを図ります。技能実習生の区分に応じて受け入れる側も準備が必要となるため、講習を受け、技能実習計画を立てる時間を作りましょう。

関連記事