BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 建設キャリアアップシステムとは?

建設キャリアアップシステムとは?

国土交通省と建設業界の団体は、建設業に従事する若年労働者を確保す るために、「建設キャリアアップシステム」を構築しました。このシス テムはこれまでの現場労働者と事業者のあり方を改善する画期的なもの です。2019年の4月に開始していて、5年後に建設業の労働者と事業者 全員が加入することになっています。始まったばかりでどのようなシス テムなのかよく知らない方も多いのではないでしょうか。鉄筋工事の技 能者から見た「建設キャリアアップシステム」についてまとめてみまし た。

建設キャリアアップシステムのねらい

背景

建設工事現場では、人手が不足し、高齢化しています。建設業の現場の仕事は3K(きつ い、きたない、危険)のイメージが強く、若い人から敬遠されがちです。建設労働者の賃金 は、ピークが40才で頭打ちになっているのも問題です。 これは建設労働者が他の産業と異なって、技能の蓄積が評価されていないからです。労働力 を確保するには、若い人が長期にキャリアアップを描ける魅力ある職場にしていく必要があ ります。

目的

現場で働く建設技能者が将来にわたって安定的に賃金を得、安心して仕事ができるようにす
るために、国土交通省が中心となって構築したのが「建設キャリアアップシステム」です。
技能者や現場監督の資格、経験、現場歴をデータベース化して、積み重ねた技能と経験が賃
金上昇へとつながるようにシステムが構築されています。最終的に若年入職者の増加、離職
率の低下の実現を目指しています。

建設キャリアアップシステムの内容

「建設キャリアアップシステム」は、建設現場で働く職人や現場監督の資格や現場履歴を、 コンピューターのサーバーにデータとして保存して活用するシステムです。 技能者の就業履歴、資格データを用いて、業界で統一したルールにより技能者の能力をレベ ル分けし、賃金に反映させるのがねらいです。 「建設キャリアアップシステム」は、すでに2019年4月から本格稼働をしています。5年後 の2024年までに、建設技能者全員の330万人を登録することを目指しています。しかし、ま だあまり知られていないので、国土交通省は全員登録を早期に実現するために力を入れてい るところです。

建設キャリアアップシステムの流れ

建設工事で雇われる技能者と、雇う側の事業者がそれぞれ建設キャリアアップシステムに登
録して利用します。技能者がいつ、どの現場でどのような仕事をしたかといったデータが自
動的にサーバーに蓄積されてネットで閲覧することができます。

建設キャリアアップシステムの登録方法

システムの登録は、一般社団法人建設業振興基金が運用しているサイトから行います。 建設キャリアアップシステムのサイト: https://www.ccus.jp/
登録手続きは、インター ネットだけでなく、窓口、郵送による申請も可能です。 技能者と事業者は各々別に登録します。

技能者の登録とカードの取得

技能者は、氏名、生年月日、顔写真などの本人情報、資格や受講した講習、社会保険加入状 況などをシステムに登録すると、技能者IDが付された顔写真付きのICカード(キャリア アップカード)を取得できます。 技能者が所属する事業者に登録の代行を委任することもできます。

事業者の登録

技能者を雇用する事業者および現場を開設する元請事業者は、業種、資本金、社会保険の加 入状況などを登録します。登録すると事業者IDと管理者IDが付与されます。管理者IDは、事 業者情報(現場情報を含む)を管理するもので、追加することができます。

建設キャリアアップシステムの運用の仕方

技能者の運用の仕方

技能者は、自分のIDと雇用する下請事業者のIDをひもづけます。 現場で仕事をするとき、元請業者が設置したICカードのリーダーにカードをタッチさせると その日の就労データがシステムに自動的に読み込まれます。

下請事業者の運用の仕方

雇用する技能者のIDと自社の事業所IDをひもづけます。 元請業者が登録した現場IDと自社の事業者IDをひもづけます。 元請事業者と協力して「施工体制」を作成しシステムに登録します。 「施工体制」には、下請の次数、作業内容、立場などが記録されます。

元請事業者の運用の仕方

現場を開設する際、現場・契約情報を登録し現場IDを取得します。 現場で契約した下請業者のIDを現場IDにひもづけます。 現場にICカードリーダとネット接続されたPCを設置します。 就業記録は、毎日システムに送信して記録されます。

システムの情報をネットで閲覧する

蓄積された就業履歴や登録された保有資格などの情報は、ネットでPC、スマホ、タブレッ トによって簡単に確認できます。 技能者本人及び所属事業者は、自身の就業履歴や保有資格を常時閲覧できます。 現場稼働中に限り、元請事業者や上位の下請事業者は、現場に入場する技能者の情報を閲覧 できます。 それ以外の事業者は、技能者の情報は、本人と所属する事業者の同意がない限り、閲覧でき ません。

建設キャリアアップシステムのメリット

ネット上で閲覧することにより技能者、事業者双方にメリットが生まれます。それぞれのメ
リットについてまとめました。

技能者のメリット

● 転職や営業に役立つ 建設業界全体の統一した規則で、自分の職歴を客観的に証明できます。公的な職務経歴書と なるので、技能者が転職するときや一人親方の営業・報酬交渉などに使えます。
● 正当な賃金評価が期待できる 技能や経験に応じた賃金体系が構築されるので、自分の能力が正当に評価され、賃金アップ が期待できます。
● 能力レベルの目標ができる 技能者の能力評価はこれまで職種でひとくくりにされてましたが、今後は職種毎に能力をレ ベル分けされます。自分のレベルが上がるほど待遇が良くなるので、レベルアップするモチ ベーションが生まれます。 能力評価は、経験(就業日数)、知識・技能(保有資格)、マネジメント能力(登録基幹技 能者や職長経験)から、4段階のレベルが設けられます。

● レベル1:初級技能者
● レベル2:中堅技能者(一人前の技能者)
● レベル3:職長級の技能者
● レベル4:高度なマネジメント能力を持つ技能者(登録基幹技能者)

当面は、通常とレベル4相当の登録基幹技能者の2つです。 登録(鉄筋)基幹技能者になるには、登録(鉄筋)基幹技能者講習修了証の写しを提出する 必要があります。 現在、鉄筋工事、コンクリート工事など34の業種で登録基幹技能者講習修了証を発行して います。
● 建退共手帳が簡単に確認できる 建設業の退職金制度である建退共手帳への証紙の貼付状況が容易に確認できます。
● 教育を受けやすくなる 元請事業者は人材教育を進める下請事業者を選ぶようになるため、下請事業者は社員を技能 教育する体制を増強します。
● 社会保険加入が徹底される

平成29年から厳しくなった「法定社会保険未加入企業の下請けからの排除」がより浸透し 徹底されます。その結果、建設業で働く人すべての技能者が社会保険に加入することとな り、安心して働けるようになります。

事業者のメリット

自社の技能者の情報閲覧はもちろん、元請事業者は自社の現場に入場中の事業者や技能者の 情報を確認できるので、次のメリットが期待できます。

●労務管理の効率化 所属している技能者の情報、何日働いたのかといった情報が一元管理できるので、入退場時 間管理業務の効率化を図れます。● 事務作業の効率化 社会保険加入状況などの確認の効率化、書類作成の簡素化・合理化ができます。建設業退職 金共済制度の証紙交付事務の効率化ができます。
● 自社の強みをPRできる 技能者と同じように、事業者も自社に所属する技能者の技能や経歴をPRできます。優秀な 人材を育成すればするほど、受注機会が拡大します。
● 許可申請書類の簡素化が期待できる とかく負担になりがちな、建設業許可等の申請書類は、このシステムによって審査されるよ うになれば、作成の手間は大きく軽減します。
● 給与の決定
雇用する技能者のレベルを反映した給与の決定ができます。
●現場帳票の効率化
現場作業員名簿や施工体制台帳を簡単に作成できます。
● 既存システムと連携すると入力作業を軽減できる すでに利用している就業履歴情報システムとAPI連携できます。既存システムで作成した安 全衛生書類や施工体制台帳書類を、そのまま反映できるので、入力作業が軽減されます。 既存システムをAPI連携をするためには、建設業振興基金による審査を受ける必要があります。

技能者の能力評価例(鉄筋工事の場合)

鉄筋工事業に関する能力評価レベル判定は、国土交通省の認可を得て公益社団法人・全国鉄 筋工事業協会が基準を決めることになりました。 全国鉄筋工事業協会のサイト: http://www.zentekkin.or.jp/ 全国鉄筋工事業協会は、鉄筋技能者の能力評価のレベル1~4の判定基準を次のように定め ています。

レベル4  就業日数が2,150日(10年)以上であること。 レベル2、3の資格に加えて、以下のいずれかの資格を保有すること

● 登録鉄筋基幹技能者

● 優秀施工者国土交通大臣顕彰

● 安全優良職長厚生労働大臣顕彰

● 卓越した技能者(現代の名工)職長としての就業日数が645日(3年)以上であること。

 

レベル3  就業日数が1,505日(7年)以上であること。 以下の資格を保有すること

● 一級鉄筋施工技能士(組立て、または施工図)

● レベル2の基準に示す保有資格 職長または班長としての就業日数の合計が645日(3年)以上であること。

レベル2 就業日数が645日(3年)以上であること。

資格として玉掛技能講習を修了していること。

レベル1 建設キャリアアップシステムに登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていな技能者。

レベルを上げるためには、資格と共に就業日数が必要となるので、早めに登録してシステム
の就業履歴を増やすと有利になります。

 

外国人労働者の登録義務化

国土交通省は、建設事業者が技能実習生を新規に受け入れるときに、建設キャリアアップシ
ステムに登録することを義務化しました。外国人が登録するときは、在留資格も併せてて登
録します。外国人は今後増加が見込まれますが、低賃金に耐えられずに失踪するケースがあ
るので、適正賃金になるように改善するのが狙いです。

 

利用料金 技能者、事業者が支払うシステムの利用料金は次のようになります。

・技能者の料金

技能者は登録に際して、インター ネット申請の場合は2,500円、郵送・窓口申請の場合は 3,500円の利用料金がかります。キャリア アップカードの有効期間は10年ですので、1年あ たり250円または350円程度の負担となります。

・事業者の料金

事業者は、事業者登録料、管理者ID 利用料、現場利用料の3つの種類の料金を支払います。 事業者登録料資本金に応じて、5年間で3,000円から1,200,000円までの11段階に設定された料金を支払い ます。なお、一人親方は無料です。

・管理者ID利用料

管理者IDは、事業者登録すると自動的に1つ付与されるもので、1年間2,400円となっていま す。管理者IDは、事業者情報や技能者情報の閲覧、現場情報の登録、帳票出力などが可能で す。

・現場利用料

現場IDを運用する元請事業者は、現場に入場する技能者の就業回数に応じた料金を支払いま す。就業回数1回あたり3円と設定しており、現場に入場する技能者の人日単位で課金され ます。技能者100人が100日間現場で就業した場合の料金は30,000円になります。

まとめ

建設キャリアアップシステムは、国土交通省と建設業振興基金が中心となって2019年4月か ら本格稼働した技能者の待遇改善策です。 5年後の2024年には全ての建設技能者、330万人の登録を目標としています。このシステム は、すべての建設技能者が参加することで建設業全体の価値を上げる効果があります。建設 現場で仕事をする人は、このシステムをよく理解して活用されることをおすすめします。

関連記事